ラスベガスカジノ 服装についての話

  • 投稿日:
  • by

今回はアメリカ合衆国ネバダ州について、僕が実際に行って体験した、現地の雰囲気等を紹介したいと思います。

訪れたのは3月中旬。気候的には乾燥していたから、市街地やホテルを歩くには、半袖半ズボンでも十分。

前説はここら辺にしといて、本題であるラスベガスカジノ 服装についてお話しましょう。ココには数がめちゃくちゃあります。

なので、日本で思われているほど、ラスベガスカジノ 服装は敷居が高いものじゃありません。

ホテル付属等であれば、入場料も無料で入れますし、中でプレイされている方々も、そこまで上流階級の人々って感じでもありません。

だからといって、ラスベガスカジノ 服装にタンクトップのシャツに破れたズボン等、ガキ大将みたいな格好はNG。あくまでも常識の範囲内でコーディネートするべき。

アメリカの方は基本、ラスベガスカジノ 服装としてポロシャツに半ズボンという、比較的軽装でいらっしゃってました。

余談ですが、ちょっとグレードの高いホテルに行く時は、軽装は避けた方が無難。